隅っこ人形劇団「ふるえるえもの」レポート

2016年12月5日

隅っこ人形劇団ニッチの2016年公演「ふるえるえもの」が2016年12月2日(金)から4日(日)までの三日間、嶋屋喜兵衛商店で開催されました。

今回の公演では、宮沢賢治の短編小説「ビジタリアン大祭」を下敷きにアレンジした物語が上演されました。
躍動的な影絵から始まり、ディテールの細かい人形がたくさん現れ、バックミュージックはアナログな生演奏、背景となるセットもとても手が込んだものでした。人形劇と言いながらも、そこでは人も人形も空間も、そして音楽と照明、あらゆる要素が等価に溶け合い化学反応を起こしつつ、子どもから大人まで楽しめる場がつくり出されていました。

img_4228

img_4232

img_4233

img_4239

 

 

「ふるえるえもの」

こ人形劇団ニッチ 2016年公演

date  2016.12.2(fri)/3(sat)/4(sun)
venue  嶋屋喜兵衛商店

制作/出演:ニッチ
ルボンエレコ小田文子坂本ミン高橋かほり土江田賀代渡部真由美
音楽/よねだみちのぶ
照明/じゅんいち
宣伝美術/渡部真由美ション横山雄デザ
後援・協力/gallery yolcha

 

☆隅こ人形劇団ニッチ

人形劇の経験がゼロだかこそ生まれる発想を頼りに
ものづりに対て真摯に向メンバが集結
手作りでアナログにこだわたパフマンス作品を制作るべ
2014年より活動を開始
今までにガルシア・マルケスの短編小説を人形劇化のべおりの巨人
ジナル劇もぬけの食卓を制作
”人形劇”に秘めれた可能性を感じつつ
”人形劇”かたちにわれるこのない
独自のパフマンスを目指ていま


ソーシャルでシェアして頂けます